なぜウィンブルドン2013 においてテニス選手の怪我による棄権が続出したのか
ー テニスにおける身体操法の改善提案 ー

川副嘉彦、テニスの科学(日本テニス学会機関誌)、第22巻、2014, pp.88-89

こちらから➡