テニスラケットの科学(24)  トップ・スピン増大のメカニズム

勢いのあるボールの直線運動に対して、回転を与える接線力は、直角なので、接線方向トルクが小さくても、容易に回転がかかります。
武道で突いてくる相手の腕を横(直角)方向に押して突きを交わすのに、力が要らないのと同じです?

ツルツルのストリングほど、スピンがかかりやすいという原理です!

*“テニスを科学する アインシュタインの眼”NHK BS hi,2008年2月26日,22:00~22:44 より

1-動画-180209-トップ・スピンのメカニズム解説

テニスラケットの科学(24) トップ・スピン増大のメカニズム 勢いのあるボールの直線運動に対して、回転を与える接線力は、直角なので、接線方向トルクが小さくても、容易に回転がかかります。 武道で突いてくる相手の腕を横(直角)方向に押して突きを交わすのに、力が要らないのと同じです? ツルツルのストリングほど、スピンがかかりやすいという原理です!*“テニスを科学する アインシュタインの眼”NHK BS hi,2008年2月26日,22:00~22:44 より1-動画-180209-トップ・スピンのメカニズム解説

川副 嘉彦さんの投稿 2018年2月9日金曜日