テニスラケットの科学(47)  高校物理 運動量 テニスラケットの力学(3):ラケットでボールを打撃したときの「超軽量トップヘビー」と従来型バランスの打球速度のシミュレーション

この場合のシミュレーション例は、トップヘビー・ラケットの重量と従来バランス型ラケットの重量を同じにした場合ですが、それでも、動画の中の図のように両者の違いがあります。

一般の(超)軽量ラケットのシミュレーション結果は、機会をみて、後程、紹介させていただきます。
超軽量トップヘビーは、スイートスポットが面中心からやや先端側寄りにあります。

*(注)図において、ボールに相当する小楕円は、ストリング面の打撃点を示すための表示で、ボールの変形挙動につては表示していません。

見やすいように、横方向のスケールは 2.6 倍に拡大して表示しています。

1-動画:180228-05-高校物理 運動量 サイエンスアイ“テニスラケットの力学”-ラケットでボールを打撃したときの「超軽量トップヘビー」と従来型バランスの打球速度のシミュレーション 川副研究室
NHK高校物理 運動量 サイエンスアイ“テニスラケットの力学”:NHK教育テレビ,1995年5月27日

テニスラケットの科学(47)高校物理 運動量 テニスラケットの力学(3):ラケットでボールを打撃したときの「超軽量トップヘビー」と従来型バランスの打球速度のシミュレーション この場合のシミュレーション例は、トップヘビー・ラケットの重量と従来バランス型ラケットの重量を同じにした場合ですが、それでも、動画の中の図のように両者の違いがあります。 一般の(超)軽量ラケットのシミュレーション結果は、機会をみて、後程、紹介させていただきます。 超軽量トップヘビーは、スイートスポットが面中心からやや先端側寄りにあります。*(注)図において、ボールに相当する小楕円は、ストリング面の打撃点を示すための表示で、ボールの変形挙動につては表示していません。 見やすいように、横方向のスケールは 2.6 倍に拡大して表示しています。1-動画:180228-05-高校物理 運動量 サイエンスアイ“テニスラケットの力学”-ラケットでボールを打撃したときの「超軽量トップヘビー」と従来型バランスの打球速度のシミュレーション 川副研究室 NHK高校物理 運動量 サイエンスアイ“テニスラケットの力学”:NHK教育テレビ,1995年5月27日

川副 嘉彦さんの投稿 2018年2月28日水曜日